本文へ移動
岡山県看護連盟
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31 
岡山県看護会館5階
TEL.086-223-8242
FAX.086-225-9778

会長の部屋

~☆~✰  実りの秋  ✰~☆~ 9月

 猛暑日続きの夏もやっと終わりを告げ、涼風を感じる今日この頃です。棚田の稲穂は黄金色に染まり豊かな実りの秋となりました。
 9月4日、秋篠宮家眞子様と小室圭さんのご婚約内定の記者会見は、仲睦まじくうれしそうな様子が伝わりお祝い申し上げます。
 9月1日は防災の日。全国各地で防災訓練が行われました。訓練に参加した会員の方もいらっしゃると思います。
自然災害の多い日本です。災害看護はますます重要になってくると思います。看護師に求められる役割は年々拡大しています。
国民のニーズに応えていくためには、看護基礎教育の充実は待ったなしの状況だと思います。
 
 看護職代表議員の活躍で新しい教育制度が実現してほしいものです。看護連盟は代表議員が活躍しやす環境を整えるようパワーをアップしていきましょう!
さて、「石田まさひろを応援する会」の活動状況をお伝えします。8月18日金曜日、午後から来岡され、倉敷地区の施設9か所を訪問しました。どの施設も準備万端でたくさんの「現場の声」をいただきました。
石田議員は一つ一つにコメントをされました。終わりには会員一人一人と握手して石田議員の思いを伝えるチャンスとしました。
 
 夕方からは「現場の声を届ける会」を倉敷国際ホテルで開催しました。倉敷5支部、井笠・新見・高梁支部の会員65名が参加しました、各支部から「現場の声」を伝え、それに対する石田議員の政策、課題など意見交換ました。
石田議員を励ます歌や最後まで走りゴールでのテープカットの演出もあり和やかなうちに終わることができました。会員皆様のご協力で会の目的は達成できたと思います。これから県東・県北の地域でも集会を行うよう調整していきます。
これから「石田まさひろを応援する会」への入会や連盟会員増に向けた施設訪問を支部・県役員の皆様と一緒に進めていきましょう!
 9月は29年度の折り返し点です。後半に成果が見えたら達成感が生まれますね。
 
 あべ俊子先生について一言。先生は自由民主党副幹事長として公務でお忙しい中、ミニ研修、支援者・支援企業訪問、地域の行事に参加されています。
その間には他府県看護連盟の研修会講師等引き受けていらっしゃいます。あべ先生の強い思いを実現させるには、岡山県看護連盟一丸となって活動することが何より大事です。
さしあたっては、自民党会員を増やすこと、ミニ研修を通して若い世代にあべ先生の応援をしてもらうこと。あべ俊子後援会に入会することの3つです。
よろしくお願いします。
TOPへ戻る